バレエを習うなら「バレエの教授法」を学んでいる先生がいいですよ!

教授法とはバレエを教えるにあたっての教え方や指導法のことです。

ミーちゃん先生はバレエを教えることを専門にした「バレエの教授法」を学んでいますが、 バレエを習うならこの「バレエの教授法」を学んでいる先生から習うことをおすすめします。

~バレエの教授法~

長い伝統をほこるバレエの本場ヨーロッパでは、 バレエを教えることを専門に勉強した人しか先生ができません。

海外ではバレエを教える教授法をを専門に勉強し、資格を持った人でないと バレエを教えることはできないのです。

バレエを教える資格が国家資格だったり、 バレエに関する仕事が公務員だったりするんですよ。

~バレエの教授法が大事な理由~

バレエを楽しく学ぶためには、教えるための専門的な知識と経験が必要です。

子どもたちの体はまだ出来上がっておらず損なわれやすいので 成長に合わせたスピードで励まし育てていくというのが大切になんです。

また、バレエは芸術ですから音符に合わせて振りがついているので 音を正確に感じ取り踊る必要があります。

バレエの教授法は、生徒たちが正しいバレエを楽しく学んでいくためのものなので バレエの教授法を学んでいる先生から習うことをおすすめします。

 

日本ではバレエを教える勉強をしていない人が教えている所が多いので、 お粗末な指導をしていたり、振りを付けることもできない先生もたくさんいるんです。

 

ミーちゃん先生は小さいころから師匠である鈴木まや先生のもと RAD(イギリス)のバレエを習い、RADの教授法を勉強をしています。

>鈴木まやバレエスクールはこちらから

鈴木まやバレエスクール

ミーちゃん先生はこちらのスクールでも教えています。

また、バレエの発表会の選曲や振り付けもたくさんしています。

師匠のまや先生&ミーちゃん先生はバレエに人生捧げているような人たちなので このような先生に教えてもらっている生徒たちはみんな笑顔でイキイキとしています。

~神戸のみーちゃん先生が教えるバレエ教室の選び方・バレエの知識の目次~

リンク集
バレエ教室のスタッフ募集!
現在募集は中止しております。